ご相談無料

TEL 03-6225-0855

無料版を使う
無料版を使うログイン

入札用語集

入札用語検索
最低制限価格とは

最低制限価格とは落札の下限に当たる価格のこと。 該当案件に対して必要な経費などを発注者が勘案した額で、これを下回ると失格となる。 最低制限価格設定の例としては、下記の例が参考になる。 有効札(予定価格以下で入札した札)の平均額の80%の価格、または予定価格の3分の2の金額のいずれか高い方を「最低制限価格」とする。 この「最低制限価格」未満で入札した札は失格となり、残った札のなかで一番金額の低いものが落札する形とする。 こうすれば、不当に安い価格で落札されることはなくなるので、ある程度品質が担保できると言える。 これに対して、予定価格は発注者が事前に設定する落札上限価格。これより高い入札額は無効となる。 <用語リンク> 予定価格

カテゴリ