ご相談無料

TEL 03-6225-0855

新着案件 3,068 件 | 受付中の案件 47,233

無料版を使う
無料版を使うログイン

お知らせ:【お知らせ】「落札日」と「契約締結日」項目の統合について

2012/06/04
落札結果にある「落札日」と「契約締結日」項目を統合し、「落札日」項目のみを残すことと致しました。

「落札日」と「契約締結日」が両方公表されている場合には、「落札日」を優先して登録し、
「落札日」が不明で「契約締結日」のみ公表されている場合は、「落札日」項目に「契約締結日」を登録致します。

また、NJSS上に登録されている過去の落札結果も「落札日」と「契約締結日」項目が統合され、
「落札日」項目のみが残ることとなりますが、「落札日」が不明で「契約締結日」が登録されている場合は、
「落札日」項目に「契約締結日」が登録されます。

「落札日」に登録されている日付が「落札日」もしくは「契約締結日」のどちらかを確認されたい場合には、
落札結果URLもしくは保存画面からご確認下さい。
※リンク切れ、保存画面機能を実装する前の結果登録案件で結果公表元情報が見れない場合もございます。
 誠に恐れ入りますが、予めご了承ください。


■目的
「落札会社検索」の検索結果一覧やCSVデータ上での落札時期を把握しやすくするため。

現状、「落札会社検索」で表示されている「落札日」やCSVデータ上の「落札日」は
落札日が不明な場合、「0000-00-00」と表示されており、検索結果やデータの並び替えを行った場合、
最初によってしまう等、一覧での落札時期確認がしづらくなっておりました。

「落札日」が不明な場合、「契約締結日」が公表されているケースが多いため、「落札日」と「契約締結日」
項目を統合することによって、一覧での落札時期確認がしやすくすることが今回の統合の目的です。


■リリース日
2012年6月6日(水)予定