ご相談無料

TEL 03-6225-0855

新着案件 4,223 件 | 受付中の案件 47,920

無料版を使う
無料版を使うログイン

御嶽山直下及び周辺域の火山活動観測システム 一式

この入札案件の公示元機関について

案件公示日 説明会日 資料等交付日 資料等提出日 入札日
2015/01/21 2015/01/30 2015/02/23 2015/02/23 -
その他資料

案件概要
調達に必要とされる基本的な要求要件
A ボアホールタイプ3成分地震計は固有周期120秒以上、感度1200V/m/s以上、0.005-10HzにおいてセルフノイズがUSGSローノイズモデル以下であること。
B ボアホールタイプ傾斜計は水平2成分、傾斜分解能1nrad以下、計測範囲は鉛直から8度以上であること。
C 空振計(微気圧計)は分解能0.1Pa以下、周波数20Hz以下において応答が平坦であること、周波数0.1-100Hzの測定が可能であること。
D GNSS受信機はアンテナを付属し、GPS及びGLONASS衛星を受信できること。
E プロトン磁力計は感度0.1nT以上で、絶対精度0.5nT以下であること。
F 地震計・空振計用通信用データロガーは入力チャンネル数6チャンネル以上、サンプリング周波数は100Hz以上、ダイナミックレンジは138dB以上であること。
G 上記各観測機器の設置費用を含み、ボアホールタイプ地震計は深度100m程度で直径150mm以上、傾斜計は深度10m以上で直径150mm以上の観測井を掘削して設置し、ケーシングによりすべての場所を補強し、底部はセメントでかためること(3カ所)。
H 現有の広帯域地震計(Guralp CMG-3T 固有周期360秒)を奥行10m以上の横坑(2カ所)の奥に設置すること。
横坑はかまぼこ型とし、縦横2m以上を確保し、コンクリートで補強してあること。
I 通信装置を用いて地震計、傾斜計、空振計、GNSS受信機、プロトン磁力計のデータを名古屋大学に送信できること。
J 設置にあたり十分な耐雷及びノイズ対策を施されていること。
案件備考
機関名:名古屋大学

入札結果

落札会社
落札金額
落札日
※掲載情報はサンプルです。

8日間無料体験版のご登録 で、詳細をご覧いただけます。

新着案件 4,223 件 | 受付中の案件 47,920

この案件に類似する案件 はこちら(受付終了)
※落札金額はベーシックプラン以上でご覧いただけます